サラリーマンをしながら整体開業に向けてのサイト

広島 自然道整体院

セルフケア

緊急の手当法

投稿日:2017年12月29日 更新日:

広島で出張整体をしています

自然道整体院 院長の金井です。

記事を読んでいただき

ありがとうございます。

 

もういくつ寝るとお正月

お正月にもち食べて

歌詞は少し違いますが

 

正月といえばお餅を食べる機会がありますよね。

 

以前に比べればお餅をのどに詰まらせて・・・

 

悲しいニュースは聞かなくなったように思います。

 

今回は「のどに食べ物をつまらせた時の手当法」について紹介します。

 

みなさんは

 

のどに物を詰まらせた経験ありますか?

 

そんな時どんな手当法が思い浮かびますか?

 

お餅を例にして

 

私が小さい頃の記憶で

 

お餅をのどに詰まらせた時は掃除機で吸い取る

 

掃除機で応急処置をすることをどこかで聞いたことあるような

 

ないような記憶があります。

 

のどに物が詰まると呼吸ができず辛いですよね。

そんなのどに物が詰まった時は

 

「ギュッと人差し指をつまみます!!」

 

そうするとのどに詰まったものがのどを通っていきます。

 

人差し指で!?

 

うっそだぁ~

 

そう思われた方は簡単な実験をとおして検証してみてください。

 

①まず、飲み物を普通に飲む。

⇒その時に飲み込み具合を確認する。

 

②次に飲み物を口に含む

⇒人差し指をギュッとつまんだまま飲み物を飲む。その時に飲み具合を確認する。

 

どうですか?

 

どちらが飲みやすかったでしょうか?

 

おそらく多くの方が②の方法で飲むと

 

何となく飲み込みにくさ、のどのつっかえを感じられたかと思います。

 

実は人差し指は頚椎6番「のど」と関係しています。

 

頚椎6番ってどこ?

 

顔を下にした時に首の後ろを触ると大きい骨が当たってくる場所が

 

だいたい頚椎7番です。

 

その上が頚椎6番です。

※注意

万が一も考え、お餅がのどに詰まった時はまずは救急車を呼びましょう。

 

その上で緊急の手当法を試すようにして下さい。

 

何でも整体でどうにかしようとするのは危険です。

 

中々、のどに物が詰まることはないとは思いますが

 

知っていて損はないと思います。

 

人差し指=のど

 

カラダのつながり

 

不思議を面白いと感じていただけたら幸いです。

 

物は試し

 

試してみて下さい^^

-セルフケア

Copyright© 広島 自然道整体院 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.