サラリーマンをしながら整体開業に向けてのサイト

広島 自然道整体院

セルフケア

食べ過ぎによる体操

投稿日:2017年5月27日 更新日:

広島で出張整体をしています

自然道整体院 院長の金井です。

記事を読んでいただき

ありがとうございます。

 

お腹が苦しい・・・

 

腹八分目とはいかず

 

調子に乗りすぎてお寿司を食べ過ぎてしまいました><

 

最初は美味しく食べていた「快」の感情から

 

食べ終わりには苦しい「苦」の感情になっていました><

 

今回は食べ過ぎによる体操をご紹介します。

 

本来は2人1組でされるのが良いとされていますが、セルフケアなので

 

ご自身でできるようにご紹介します。

 

最初に注意事項

※食べ過ぎによる体操は大勢がきついので、決して無理はしないで下さい!

起き上がる時は腰や膝に負担がかからないような、写真のように横になって

起き上がるようにして下さい!

 

食べ過ぎた時の体操

①正座をした状態から、写真のように

そのままゆっくりと体を仰向けにする。

 

※ゆっくりと後ろに倒れるようにして下さい。

 

②両膝を中央に寄せる。

 

この大勢が取りにくい人は

普段から食べ過ぎの人であるとされています。

 

確認Point

上体の反りが大きいほど食べ過ぎの証拠です。

床と腰のあいだに拳が1つ入るくらいなら正常とされています。

 

写真では分かりずらいですが、私は拳2つは入るぐらいに間があいてました。

 

③寄せた膝をパッと放す。

 

起き上がる時は横になってから起きること

仰向けの状態から起き上がろうとすると、腰や膝に負担がかかるために

 

必ず横になってから起き上がるようにして下さい。

 

2人でやられる際は手をひいてもらうようにし

 

ゆっくりと起こしてももらうようにして下さい。

 

参照本

整体入門 166~169

やってみると食べ過ぎの身体から落ち着きますよ^^

 

物は試し!

-セルフケア

Copyright© 広島 自然道整体院 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.